No.210
Grand Duchy of Luxembourg

ルクセンブルク大公国

KIMONO制作者

京染今田 Kyozome-Imada

ルクセンブルクの名を冠するプリンセスシビルデュルクセンブルクの花が、中世そのままの風景を残しつつ、近代的な建築や通信・人工衛星などの産業で発展するルクセンブルクを包み込むように描かれた作品。石積みの一つ一つにまで細かい友禅を施し、群を抜く糸目手描き友禅の技術も見所。大公宮殿やギョーム二世広場そして人魚伝説、水色ストライプのライオンなど、この国の自然と文化を網羅した作品。

OBI制作者

洛陽織物 Rakuyo Orimono Co., Ltd.

ルクセンブルク大公国は中世芸術の傑作である装飾文字写本が多数生まれた国です。   古くから当地を訪れる芸術家も多く、‘芸術,というイメージを強く押し出したいと思い、当地の国立歴史・美術博物館の目玉所蔵品である西暦240年頃制作のモザイク画と当地の象徴的な建築物であるノートルダム大聖堂をベースに内陸国であるルクセンブルクの存在が世界に連綿と伸び広がって行くイメージを母体にしました。 日本の伝統的な柄である熨斗とルクセンブルクの国旗と国花を組み合わせることで、両国との関係を記念した作品になるようにと考案致しました。

Twitter Facebook instagram