No.021
Republic of Tajikistan

タジキスタン共和国

KIMONO制作者

森 健持 Kenji Mori

室町時代後期に短い間に現れ、江戸時代には見られなくなった「辻が花」。絞りとカチン染めを用いた幽玄の美どこか儚い美しさ。絞りで一番難しい「直線」を絞ること。幾何学的な模様、糸入れによる直線の重なりは至難の技。墨を用いたカチン染めでは、花びらの一つ一つにボカシと虫食いも見られ、日本の美学をふんだんに取り入れた作品。

OBI制作者

齋藤織物 監修 帛撰 Saito-Orimono, Supervised by Hakusen

刺繍のように見えるこの織り方は「唐織」です。経糸(たていと)に生経(きだて)という未精錬の絹糸を用います。緯糸(よこいと)は練り糸を水に浸しておった織物です。特産である「綿花」を国旗の彩りで表現した手織りの作品です。

Twitter Facebook instagram